目立ついぼは切除してもらおう|原因や治療法を紹介

ナース
  1. ホーム
  2. 患者が出来る注意

患者が出来る注意

女の人

気を付けておきたい事

いぼを切除する場合は、皮膚科・形成外科・美容皮膚科等いぼ除去を行っている病院に行って施術を受ける形が取られています。もちろん全て病院にお任せで施術を受ける事も可能ですが、出来るだけ安全に施術を受ける為にも事前に知っておくと良い事がいくつかあります。例えば、それぞれの病院で受けられる施術法が違うと言う事も、知っておく良い事の一つとなっています。現在日本では皮膚科などの病院でいぼ切除が行われていますが、全ての病院が同じ方法で対応しているわけではありません。また、そのいぼのサイズによっても適した切除法がある為、まずはその方法を行っている病院を選ぶことがポイントです。その為、それぞれの病院の違いを良く理解し、さらに自分のいぼの状態がどの様になっているのか、特にサイズ等には充分気を付けておきます。また実際に病院を選んで施術を受ける際は、出来るだけしっかりと病院側の説明に耳を傾け、さらに分からない点については質問しておきます。通常いぼの切除自体はそれほど難しい事ではなく簡単に施術自体は終了する形となっているのですが、治療は病院任せで行うのはあまり良い事ではありません。患者自身がしっかりと納得した上で治療を受ける事も重要なポイントになって来るので、しっかりと医師の説明には耳を傾けておきます。そうする事によって、いぼ切除をする事に対する不安を感じる必要もなくなり、さらに術後の変化にも気づきやすいと言うメリットがあるからです。もちろんいぼ切除はただ単にいぼを取り除けばそこで終わりという訳ではなく、その後の経過もとても重要なポイントになって来ます。例えば、患者としてできる事の一つが傷跡を出来るだけ衛生的な状態に保つように心がけると言う事です。施術を受けた際は病院側からどの様にしておく必要があるかという説明を受ける事が出来ますが、その説明通りに出来るかどうかでも傷の仕上がりは左右します。特に大人の場合はお子さんに比べると傷の治りが遅く、どうしても経過観察に時間がかかってしまいかねません。その為、最初はしっかりとケアしていたとしても、途中で飽きてしまう、面倒になってしまうと言う事も有ります。ただしっかりとケアをすればする程より綺麗な傷の状態に出来るので、説明を受けた通りに丁寧なケアを心掛けるようにします。いぼは誰でもできる可能性があり、さらに放置しておいたとしても決して良くなると言う訳ではない為、早めの対応がポイントです。またどの様に対応すれば良いかを知っておく事によって、よりスムーズに治療を行いやすくなると言うメリットも有ります。